カテゴリー別アーカイブ: 食のデザイン

食材ハンターkiko 「カンボジアの胡椒」編

カンボジアに青い生胡椒が入った料理を食べに行きたーい!
生胡椒を生かしたメニューをkikoteiでだしたーい!

 

ということで、食材ハンターkikoはカンボジアいきます!

(宣言)→ 実行するために宣言

カンボジアの胡椒を知ったのはベンラボメンバーで
私のお気に入りのオリーブオイルを販売されて
いる乾さんが、SNSに投稿されているのを拝見したこと。

早速、生黒胡椒の塩漬けを購入したのが昨年のことでした。

「angkorpepper」

http://www.angkorpepper.net/SHOP/65924/80047/list.html

いまはラベルが変わっているようですが。。。

IMG_8458

そんなこんなでカンボジアが胡椒の生産地であったことを知りました。
しかし、あの忌まわしい独裁政権の中で国民の命とその暮らしや文化が
ことごとく失われ、胡椒の生産もできなくなったそうです。
「angkorpepper」はフェアトレードでの販売を行われています。

そして、最近テレビでも紹介された

「KURATA PEPPER」
http://www.kuratapepper.com/index.html

IMG_8461

こちらはKURATAさんがカンボジア・コッコン州の自家農園で
栽培されているものです。無農薬黒胡椒。

親しくさせて頂いているパーソナリティーの大塚由美さんのフェアトレードショップで
扱ってらっしゃるというので、即購入いたしました。
左は完熟胡椒、右は黒胡椒

さらに、知人の女性経営者がカンボジアでスイーツショップを起業されていて、
彼女がこの生胡椒の料理を食べている写真をSNSで拝見して・・
あまりにおいしそうで。。。

そんなこんなで、カンボジア熱が私の中で盛り上っております!

Pocket
Share on LinkedIn
LINEで送る

しぜん派ほりおこし隊 7回目“我が家の調味料三種の神器 純米酢”

しぜん派ほりおこし隊 7回目“我が家の調味料三種の神器 純米酢”

IMG_8402

https://www.shizenha.ne.jp/coop/detail/220/index.html?articleId=23029

Pocket
Share on LinkedIn
LINEで送る

しぜん派ほりおこし隊6回目“プチパーティーを体験しました”

IMG_8247 18.27.38

https://www.shizenha.ne.jp/coop/detail/220/index.html?articleId=22947

Pocket
Share on LinkedIn
LINEで送る

しぜん派ほりおこし隊 3回目 “平田さんの鮮魚BOX”をほりおこし!

 

3回目のしぜん派ほりおこし隊では“平田さんの鮮魚BOX”をほりおこしています!

我が家ならではの魚の食べきり方をご紹介していまーす

https://www.shizenha.ne.jp/coop/detail/220/index.html?articleId=22747

IMG_7876

Pocket
Share on LinkedIn
LINEで送る

しぜん派ほりおこし隊

2018年4月から生活協同組合コープ自然派のブログ「しぜん派ほりおこし隊」の
隊員として、隔週でブログを書かせていただくことになりました。

私自身もコープ自然派おおさかの組合員です。
うちの子はこちらの生協の食品で育ちました。

名称未設定

◯十年も使っていると、ヘビロテ商品とそうでないものがハッキリわかれてしまいます。

このほりおこし隊のブログでは、私が愛着を持って使っているものや
使ってみたかったものまで、あらゆるものにチャレンジしながらレポいたします!

どうぞ、よろしくお願いいたします!

記事はこちらから

↓↓↓↓

http://www.shizenha.ne.jp/coop/detail/220/index.html

Pocket
Share on LinkedIn
LINEで送る

野村佃煮様×お弁当コンシェルジュ

京都の錦市場にある佃煮専門店「野村佃煮」様の商品を使用して
9月から二十四節気のお弁当をつくっています。
これまで「立秋」「処暑」「白露」「秋分」「寒露」とアップしております。

野村佃煮さん×二十四節気弁当「立秋」

野村佃煮さん×二十四節気弁当「処暑」

野村佃煮さん×二十四節気弁当「白露」

野村佃煮さん×二十四節気「秋分」

野村佃煮さん×二十四節気弁当「寒露」

 

野村佃煮HP
http://www.kyotsukudani.com

Pocket
Share on LinkedIn
LINEで送る

【食のデザイン】冷蔵庫を編集する

コピーライターから仕事をはじめ、プランニングやディレクションを行う私にとって、

デザインとは編集すること。

ものごとを探り、切り口(テーマやコンセプト)を決定し

その軸にあわせて情報を収集し、整理し、伝えるために編集する。

最近、編集したいと思っているのが「冷蔵庫」!

家族揃って食べる食卓の時代の冷蔵庫の役割は、
食材を購入→冷蔵庫に保存→調理し食べ→残ったものをまた保存するという流れでした。

 

家族が減り、残った家族とも食卓を一緒に囲むことが少なくなった現在のわが家、
冷蔵庫の役割を変えることにしました。
つまり食べる仕組みを変えることにしたのです。

食材を購入→冷蔵庫に保存→新鮮なうちに常備菜(3日分)として調理→冷蔵庫に保存→
常備菜を消費→さらに3日分の常備菜を調理し保存→3日サイクルで冷蔵庫をまわす。
残り物の在庫管理の冷蔵庫から、複数の常備菜が入っている冷蔵庫に変化させました。

基本の常備菜は野菜。
メインのタンパク源はその日につくるが基本。
野菜中心の常備菜を3.4品取り出して組み合わせて食卓をつくっていきます。

 

お見苦しいですが、本日のわが家の冷蔵庫です!

IMG_4928

上段や各段の奥には保存食がスタンバっています
(味噌、漬け物、塩麹や醤油麹など)それと各料理別の調味料ストック

 

中段と下段センターには、常備菜=デリと言われる調理されたおかず
一目で中身がわかるようにガラスの保存容器に入れています。

チルドルームには肉や魚を麹で醸しているものを入れています。

下処理の野菜は野菜室の上段でスタンバイしています。
例えば、ゴーヤの塩もみしたもの、瓜の塩もみしたものなど、スペースが空き次第
調理して常備菜にする野菜です。

 

娘も自分用の(宗教的なことと、お弁当のストック用)常備菜をつくるので、
冷蔵庫の中はえらいこことになっています。

息子が週末に帰ってくると、ソフトドリンクを大量に突っ込むため、

わが家の冷蔵庫はこれまた大変なことになります。

編集になってない・・・

日々、冷蔵庫をどう編集するかと試行錯誤している私が最近見つけたのがこの本!

 

「やせる冷蔵庫」

食欲コンサルタントの村山彩さんの本です

もう一冊は勉強中の低GI食の書籍です

 

FullSizeRender

 

“ダイエット”という切り口で冷蔵庫を編集し

「何を食べるのか」ということを素晴らしくわかりやすく紹介されています。

ダイエットとありますが、健康な食事のありかたを冷蔵庫というツールで紹介されている本です。

私は野菜中心の常備菜をつくり、1週間という流れの中でバランスよく食べるかという食事のありかたを模索しているのですが、さすが食欲コンサルタントという肩書きをお持ちの村山さん。

まずは冷蔵庫をダイエットし、
食材の定位置と置くものを決めることで「食べる」をデザインされています。

 

この本の帯にあるキャッチフレーズ

「あなたの体は冷蔵庫の中身でできている」

 

まさに!ですね

口にしたもので自分のカラダはできています

何を口にするか、どうやって、誰と食べるのか

食に困らない現在だからこそ、必要な思考です

 

Pocket
Share on LinkedIn
LINEで送る

【食のデザイン】編集する①

近所にオープンしたばかりの昔風で「八百屋」、

今風で「マルシェ」といわれる店舗へ行ってきました

 

Unknown

 

野菜好きの私としてはとても楽しみ♪

外観もお野菜の陳列も東京の青山あたりのお店風の設え

さて、メインのお野菜はどうかな

博多 ブロッコリー 鹿児島 無農薬ホウレンソウ 大阪有機ホウレンソウ

インカのめざめなど北海道じゃがいも 各種フルーツ類

ざっとみまわしても商品情報が頭に入ってこない・・・

ディスプレイ=綺麗に並べることではなく→情報を伝えるための編集作業です

なぜ、この野菜は有機・無農薬なのに、この野菜は違うのか・・思わす聞きました

「仕入れはどのようにされているのですか?」

その答えは

「生産者から直接買い付けています。

有機・無農薬と表示がないものに関しては通常の生産方法をとっているものです」

と・・・なるほど

近くには大きなイオンモール、中堅スーパーも3軒、

その近くには店頭で丹波の野菜を売っている居酒屋

格安の八百屋もある

では店の可愛さやスタイリッシュさだけで売れるのか

価格でいうとこの店は高い部類に入る、それならとことんの品質で

こだわりの仕入れ なぜこれを食べて欲しいのか

そこにこだわって「編集」してほしいなぁ

 

「編集」って価値をブランディングするということなんです

編集の第一歩、それが

思考の整理なんです

 

 

Pocket
Share on LinkedIn
LINEで送る